高い値段で買取してくれる茶道具の見分け方

高価買取の場合が多い茶道具の作家のまとめ

高い値段で買取してくれる茶道具の見分け方

骨董品

金重陶陽

作品の買取り相場は大体40万円前後と言われています。なお贋作も多く出回っているので買取業者へ査定の依頼をする前に信頼できる鑑定士に依頼したほうがよいでしょう。そうすることでその茶道具の適正な買取り価格が分かるようになります。

角谷一圭

茶釜を製作している作家で人間国宝の認定を受けています。買取価格の相場は25万円前後の値段がつくことが多いようです。茶釜を入れる箱はキズがつきやすいので、持ち出しする時は注意が必要です。箱にちょっとしたキズがついただけでも査定額に影響がありますので慎重に運びましょう。出張買取してくれる買取業者へ依頼すれば安心です。

高橋道八

清水焼と呼ばれる茶碗を製作している作家です。買取相場は8万円前後の値段がつきます。2017年に九代目の高橋道八が襲名していますが、人気が高いのは初代の高橋道八のようです。もし自宅に高橋道八の茶道具が眠っている場合は何代目の時の作品か確認しておくとよいでしょう。

広告募集中